り of log

とりあえず自分のブログを持っておく。

「最高」とか「ツイてる」とか言っておく。

「趣味は映画鑑賞です。」と言っていた時期があって、よくハリウッド映画を見ていた。

 

というか、見すぎていた。

アメリカンジョークにはまってしまい、日本の「ボケ」「ツッコミ」「オチ」「フリ」等のシステムをちょっと違うなと思い始める位にはハマっていた。(今はそんなことないけど)

 

ハリウッド映画では軽口を叩くタイプのキャラクターは決まって皮肉を言う。

 

一番簡単な皮肉は最悪な状況を誉めること。

これが結構面白くて、運が悪いなと感じることが起こったらすぐに「Grate!(最高だな)」と発言してジョークに切り替えていく。

 

これの真似をわりと現実でも導入しているんだけど、そうするとなんだか感覚が麻痺るというか、現実と発言のギャップから妙な気持ちになり、不幸の現実味が薄れて「今良い状況なのか?」って脳が勘違いする。

 

これで余裕のなさをわりとカバーできるなってことに気付いて、意識して言うようにしている。

 

これって所謂、アファーメーションとか引き寄せの法則の応用にあたる行為なんじゃないかなと思っている。

 

他にも探してみたら利用できそうな皮肉やジョークはあると思う。

 

結構周りの人には馴れない笑いなので逆にウケたりするし面白い。おすすめです。