り of log

とりあえず自分のブログを持っておく。

そういえばブログを作っていた、僕に限ってまさかね。

タイトルの通りだ。
僕にはブログがある。ブログには僕がある。
僕達友達。

いや、よくわからないけど。

思いつきも三日坊主で終わっているようだ。
マスターヨーダ
これほど綺麗な三日坊主がかつてあっただろうか、いやない。
しかし、実際は3日ではなく4日だけの坊主であることを考えると、綺麗ではなくやや汚い三日坊主ということになるらしい。

三日坊主のプロがいたら確実に72時間ぴったりで物事に飽きたりするのだろうか。髪型はもちろんのこと、あれである。

僕は今思ったことをひたすらに書いている。
正確にはスマホぽちぽちだけど!
僕の思考回路をブログに直結させている状態なのでこれを読むと僕の脳の感じが直接伝わってくるはずである。

My脳を自己分析してみると、注釈が後から後から出まくる垂れ流し脳なのだということが手に取るようにわかる。(実際何かを手に取ってわかることなんて少ないんだけどね。)
そんなことはさておく。


ブログの更新を趣味にしてみようか。
趣味というのは「これが趣味!」って決めることなのか。違う気がする。正しくはいつの間にか何かにハマっていて、「そういえばこれが好き」みたいなものが趣味なんじゃないか。僕にないやつだ。感覚より理性が発達してしまったからには受け入れるしかないけど、最初に感覚で物事を気に入ったりすることが無い。感受性が倒置法なのかもしれない。これを気に入ったら人にどう思われるだろう、今後自分はどうなるだろうこれによって、とかなんとか考えまくってからようやく物事を気に入る訳である。気持ち悪いけどこれも受け入れるしかないのだ。

物凄く散文を書いてしまっている。
常に錯乱しているからこんなものか。



よし、次回予告風に話をまとめよう。
死なないでもう1人の僕(ブログのこと)。
この下等なブログは消してしまうか?
どうなるのか?
次回、「消滅か点滅か」
ではまた!

ネタバレ→たまに更新する。