り of log

とりあえず自分のブログを持っておく。

新生活のイライラでブレブレ

最近ぶれている
いや、いつもぶれぶれだったな

 

どうも気分が落ち込んでいたり
頭が回らなかったりする

 

就活、バイト、何もしてない時も含め、
お疲れのようだ

 

禁欲で潜在的にイライラしているのか?
別にムラムラはしてないのにな

 

過去を振り返ったり、
ありもしないことを考えたり、
余計な思考が多い気がする

 

誇大妄想の状態もイヤだし、
変にネガティブな状態もイヤだ

 

睡眠もとれているし、食事も摂っている
休憩している時間も多い、生活としては悪くない

 

あまり知り合いと会ってはいないな

平常運転だ

 

きっと生活の急な変化でストレスが溜まっている

発散を考えていかないと、走ったりとか

でもそんな元気ないなー

 

次のステップを考えていこう

・深呼吸

・面接の回答を大方用意する

・応募する会社を探す

・日記を書いて感情と現状の把握

 

 

11月には決まっているのが理想だが、

どうなることやらのやら

 

いや、絶対決めてやるからな

 

あぁ、そうだね、 生きるって大変

 

人生初のお祈りメールを受けた

まさか自分が落ちるとは。

私は完全に現代の就活をなめている。

受ければ受かると思ってるから良くない。

 

失敗なんて当たり前、何社も受けてやっと受かるもの、なのかなぁ。

案外スパッと決まる予定でいるんだけど考え方変えた方がいいじゃろか。

 

そんなこんなで別の場所の応募をする。

そして同時並行でさらに別の場所にも応募していく。

ハロワにも通う。

無職はつらいな。

いや、つらくはないか、働いてないし。

ただ破産が待ってると思うとイヤだな。

何かをしなければいけないというのがイヤな状況だ。

でも仕事なんていつもそうか。

 

どうなるんだろう。

ホームレスルートかな。

退職、引越し、転職。

仕事をやめて二週間。

時間は東京への引越しや、転職先の面接などに割かれている。

隙間でスプラトゥーン2もしている。

正直、疲労がすごい。

8時半とかに寝ちゃう。

やはり自分の人生のターニングポイントに立つというのは緊張したり不安になったりするものだ。

自分なら余裕じゃないか、とか思ってたけど潜在的には不安を感じているみたいだ。

 

退職、引越しは順調に終わった。

転職はうまくいってないが、きっとうまく行くだろうと希望的観測をしている。

 

なんやかんやあって、大幅にお金が減ってしまった。歯列矯正用の貯金に手を出してカバーするしかないという、結構危機的な状況に陥っている。

 

苦しい、経済的には。

心は少しハッピー。

 

苦しかった時を思い出せば、今なんて余裕だ。

お金の量なんか全く問題じゃない。

精神的に苦しんでいないことが幸せだ。

足るを知る、みたいなね。

 

今からの人生はそんなに豪華じゃないかもしれない。華やかじゃないかもしれないけど、それでもただ生き永らえるということに小さな幸せを感じつつ、隙あらば行動を起こして何か小さなことでも成し遂げたり、前に進んでいきたい、と意気込みを語るそんな23歳だ。

 

俺は大きな幸せも掴む。

 

なんてね。

 

まずは、低空飛行ながらも生き続けよう。

立川名古屋京都富士宮旅行を終えて①

青春18切符を使った6泊7日の長い旅行だった。いや、旅行と銘打ってはいるものの実際は、就活の一次二次面接、物件の見学、その他観光にパートは別れる。思い出しながら書くので曖昧なところが多いかもしれない。

 

 

◯旅行に行く経緯。

面接や内見もそうなんだけど、なぜ急に旅行に行かねば!となったのかは、青春18切符の使用期間を間違えていたからなんだね。9月中も使えると思ってたら9/10までだと知ってしまった。だから急遽10日以内に5回使わないといけなかったんだよ。売る手もあるけど、かねてから青春18切符での旅行をしてみたかったからどちらにせよ行くつもりだったものの前倒しだから構わなかった。それに旅は衝動で行くものでしょう。あとこの旅は10日に自宅に宅急便が届くのもあって9/2~9/9の期間にすべてを終わらせるという制限を持っていました。そんなわけで一日ずつ追っていこうと思う。

 

 

◯9月2日、一日目

黒磯(栃木)→立川(東京)

実は最初は京都と金沢に行く旅行だった。なのでこの時も金沢楽しみ♪であった。ツイッターなんかで黒磯出ますとか報告しつつ出発。三時間ほど電車に乗って葛西で降りて病院に行った。その後、一時間ほど電車に乗り立川に到着。確か初日は物件の相談に行ったんだったかな。家賃1.5万、水光熱1万の神物件!だと思っていた所を問い合わせてみた所、なんかホームレスや生活保護受給者?専用のおうちだったみたいで「あなたはお門違いですよ」みたいになった。(蛸部屋みたいなところらしい。)この時はすごく残念な気持ちになったな。計画通りいかないと以外と落ち込むんだなーとか変に冷静な部分もあった。すぐに計画変更してスペアプランの物件を電話で問い合わせ、9/4に物件の内見を予約した。これで立川を出る日に予定が入ってしまい、観光パートに入るのが半日ほど遅れる計算となった。早速計画が後ろ倒しになりちょっぴり不安になった。この日は立川のカプセルホテルで寝た。あまり良いところじゃなかった気がする。2100円くらいだからしゃーないか。

 

 

◯9月3日、二日目

立川→立川

今日の予定は就活の面接のみ。わー緊張するね。住居も仕事も決まるのだろうかと若干のナイーヴ。夕方開始だったので日中暇すぎて、声出しと称してカラオケに行ったがこれが楽しかったが後悔。歌いすぎて疲労したのと、喉が少し消耗した。しくったな、でもやるしかない。

一次面接が始まった。フレンドリー。気さく。親しみやすい。普通にお話ししただけのような気がした。最初は緊張が酷かった気がしたけど、言いたいことは言えたので良かった。まぁ多分受かるだろう(なめてる)。でもね、実はここで知ってしまうのよ、二次面接があるって。うん知らなかった。旅行どうなっちゃうの。面接の結果は1,2日で来るらしい。じゃあこうしよう。明日物件の見学したら名古屋辺りに向けて出発。そのまま観光しつつ→メールで二次面接の日程を知ったらその日までに立川に帰ってくる旅行だな!確かこんな計画になったと思うけど多分この辺で「あ金沢ムリっす。」ってなってたと思う。夜はラーメン田田を食べた。八王子に住んでた頃を思い出す~♪

 

 

◯9月4日、三日目

立川→多摩→名古屋

さぁ、三日目だぜ。コインランドリーに寄って二日分の服を洗濯して、不動産屋さんにGO。第二希望の物件の説明を聞いた。「不動産屋の人って沢山電話したり(僕電話苦手)、色んなヤバイ客が来たり大変な接客業だなぁ」とか思ってた。そして、物件を見学することになったのはいいんだけど!まさか電車と徒歩で見に行くとはな。車をすごくイメージしていたぞ。不動産屋さんの女の人と黙々と歩きまわった。そこまでかわいい人ではなかった気がする。一応二軒まわったんだけど最初からこっちって決めてた方に決めた。「ここにします。」知らん人と黙々歩く経験もあんまりないよね、普段。

というわけでここからは旅行パートや!就活先もまさか一次面接と二次面接の間に旅行に行ってるとは思わないだろうな。午後3時くらいに多摩を出た。まずは熱海を目指す。そして乗り換え案内を調べて、今日は名古屋辺りまで行けるということがわかると、行き先は名古屋に決定した!6時間くらいは電車に揺られたと思う。正直どっと疲れました。そして名古屋に到着した!!ビルが変な形してたり高かったりなかなか良い町並みしていた。宗教系の人に話しかけられて少し駄弁ったりした。その日は2600円くらいのビジネスホテルに泊まった。そこが超良かった。コスパ最強って感じ。

 

 

なんか長く打ってたら疲れてしまったのでこの辺でパート1を終わろう。あとで修正したりとかしてこうと思う。

 

「何かしたい」けど「何がしたいのか」はわからない。

モチベーションだけがあるような感じ。

何かを成し遂げたいんだけどな。

 

そういう時はどうしたらいいんだろう。

色んな人に会って、色んなイベントに行って、もっと様々な情報を見聞きして行くしかないかもしれない。

 

このまま何者にもなれず死んでいくのだけはイヤだ。一矢報いたい。

 

でも、そう言ったまま何者にもなれず死んでいくのもokだ、だから動きだそう。

 

もっとわくわくしたい。

衝動だけが高まっていく。

もっと熱くなりたい。

俺は何かするぞ。

 

そんな気持ち。

 

尊厳を獲得しつつある。

そんな気がする。

俺は今確実に少し前の自分よりも揺るぎない自尊心を持っている。

 

仏教でいうところの自灯明というやつだろうか。結局心の拠り所というのは自分でしかなりえない、そんな感じ。

 

自分が何かをしようとする時に許可がおりやすいし、どんな自分も認めてみせようという気概がある。行動のフットワークも軽い。

 

自分を許せるから他者も許せる。

結構クリアな気持ちでスタートラインに緊張せず立てているような気がする。

 

いやぁ、悪くないね😏

 

薄っぺらい言葉を並べて自分を鼓舞するのも楽しいけど、現実も見たい。

 

仕事、生活、家、食事、人間関係。

その辺、少しずつ快適な環境を作っていこう。

 

良きことをして悪しきことを避ける。

清らかな心を保つ。

やりたくないことはしないぞ。

しまっていこう。

「最高」とか「ツイてる」とか言っておく。

「趣味は映画鑑賞です。」と言っていた時期があって、よくハリウッド映画を見ていた。

 

というか、見すぎていた。

アメリカンジョークにはまってしまい、日本の「ボケ」「ツッコミ」「オチ」「フリ」等のシステムをちょっと違うなと思い始める位にはハマっていた。(今はそんなことないけど)

 

ハリウッド映画では軽口を叩くタイプのキャラクターは決まって皮肉を言う。

 

一番簡単な皮肉は最悪な状況を誉めること。

これが結構面白くて、運が悪いなと感じることが起こったらすぐに「Grate!(最高だな)」と発言してジョークに切り替えていく。

 

これの真似をわりと現実でも導入しているんだけど、そうするとなんだか感覚が麻痺るというか、現実と発言のギャップから妙な気持ちになり、不幸の現実味が薄れて「今良い状況なのか?」って脳が勘違いする。

 

これで余裕のなさをわりとカバーできるなってことに気付いて、意識して言うようにしている。

 

これって所謂、アファーメーションとか引き寄せの法則の応用にあたる行為なんじゃないかなと思っている。

 

他にも探してみたら利用できそうな皮肉やジョークはあると思う。

 

結構周りの人には馴れない笑いなので逆にウケたりするし面白い。おすすめです。