読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

り of log

とりあえず自分のブログを持っておく。

燃え尽きることのない炎

来ている。

 

波が来ている。

 

向上心の波が!

 

この感覚には稀になる。

 

本を通して全ての賢人たちの声が僕の背中を押す。

 

全ての人間が聖人君子に見える。

 

俺はこの武者震いにも似たような訳のわからない行動力の爆発が大好きだ。

 

不毛に終わることも多いし、なんだかんだやがて弱まるというのもわかっているが、この瞬間は熱い。

 

最近来ていなかったから自分がただ弱音を吐く人間になっていた。

 

何ヶ月ぶりだろうか。

 

この炎が永遠に燃え続ければいいのに。

 

よしっ、頑張ろう。楽しもう。

 

行くぜ東北!

 

NGワード・躁鬱

 

 

最近はdhaepaのサプリを飲み始めた。イチョウ葉は短期的に効果が望めるらしいがあまりそんな気はせず、頭痛や胃もたれが良くなかったのでやめようと思う。明後日から転勤先に住む。その緊張もあってこうなっているのかもしれない。あるいはホリエモンさんのゼロを読んだからか、わからない。でも乗るしかない。楽しむしかないのだ、今この瞬間を。

 

話は変わるけど、世の中に本当に悪い人間っていないなといつも思う。あるいはまだ大きな事件に巻き込まれていないからそう考えられるだけかもしれないけど。皆必死で生きていて、それぞれの志や美学で動いている。誰も自分を脅かそうと企んでいる人なんていないのだ。そんなようなことを学べた2年間だった。成長したなら良かったじゃないかそれで。

 

 

からっぽ人間。

本当に何もやりたいことがない。

 

悩みがないのが悩みだ。

 

ネガティブな思考は勝手に流れる。

 

乗り越えられる課題がほしい。

 

寒気がする、眠気もある。

 

志がない。

 

小さな頃から音沙汰ないことが目標だった。

 

歯列矯正が将来の夢だった。

 

どちらも簡単だった。

 

自立し、親と距離をとるだけで達成できた。

 

フラストレーションは無くなった。

 

傷付いた自分だけが残った。

 

他人をどうこうすることに抵抗がある。

 

自分が希望を持つことに抵抗がある。

 

反社会的な特性だ。

 

本当はこの人生を楽しんでやりたい。

 

でも楽しみ方がわからない。

 

精神年齢も周りより一回り低い。

 

自分の強みがない。

 

打つの疲れたな。

 

これ、寒気があるんじゃなくて普段より感覚が鋭いのか?

 

もう体動かしたくない、寝ましょ。

イチョウ葉エキスを飲み始めた。

スマドラに分類されてるのかよくわからない、記憶力に効果が全くないという噂もあるイチョウ葉エキスを昨日から飲んでるので現状報告していこうと思う。

一日10錠が目安らしい。

 

昨日夜5錠飲んだ。

すぐ感じたのは髪質と唇の色の変化だ。血行が良くなるというのは本当らしい。こりゃ結構。あと、聴覚が鋭くなったように感じた。初日はその程度。

 

今日朝5錠飲んだ。

頭痛が始まった、ジーンと響く。血行がよくなってるような気がする。手がポカポカする。あと目のピントが合いやすい。顔が若干むくんでいる(これは関係ないかも)。

 

さらに今日午後に5錠。

頭痛がくる。これが効果発動の合図かもしれない。手足がポカポカ。頭が部分的ジーンとしてる、血が走っているのがわかる。聴覚視覚は鋭くなってるようだ。

 

うーん。

記憶力に関連すること何もしてないからよくわからない。どうしたら効いてるのかわかるのやら。とりあえず飲み続けてみようと思う。

 

明日はdhaepaが届くのでそれも始める。

こんなにドラッグアンドドラッグな毎日が始まるとは、思いもしなかった。

 

話は変わるが、今何となくお菓子をやけ食いして満腹になってみたら物凄く何もやる気が起きなくなった。でもネガティブな感じは全くない。お前は今幸せだぞって命令が脳から無理矢理出ているような感じ。いろんな欲求が感じられない。お腹痛い…。牛乳とか飲みたいなぁ。

家系ラーメンのダメージ。

こんにちは。

ラーメン大好きトリリです。

大好きだったの方が正しいか。

 

実はすでに「なぜラーメンを食べるのか」を見失ってしまった僕、その話はまた今度にします。下の方に普通の日記があります。

 

突然ですが!

今日は家系ラーメンについての当たり前だったり、

最近感じた事だったりをまとめていこうと思います。

じゃんじゃん行きます。

 

 

その1『重い

皆さんご存知。第一の特徴、重い。

胃もたれがすごい。

なんだこれはっなんだこれはっ!と食べ終わった後なります。

毒でも盛られたかのような体の重さ!

まさか生きるための食事が体に負荷をかけるとは、驚きのろきだ。

 

 

 

 

どうだったでしょうか?

家系ラーメンの何たるかが僕も復習できたような気がします。

もう食べないぞ~~と毎度思うんだけど。

結局また食べちゃうんですよね~。

苦しくともなぜ食べるのか。

『家系ラーメンを食べることは、生きることと似ている。』

 

 

 

 茶番はさておき、普通の日記を書く。

 ブログの方向性とか、何がしたいのかとか正直よくわからない。たぶん暇つぶしのみが目的なんだと思う。今日のラーメンの下りみたいな記事っぽいブログを書いてみたい気もするし、面倒くさい気もする。現にその1で飽きてしまったし。

 最近注目しているのは『スマドラ』。頭がよくなるサプリメントらしい。めっちゃ気になる。某対戦ふっとばしゲームに名前が似ているから親しみやすいが、略さずに言うと『スマートドラッグ』、犯罪臭がすごい。でも合法なんだって。でも怖いね。『dmae』というのに挑戦したいけど、まずは安心のdhcからも出ている『イチョウ葉エキス』から試してみようと思っている。なんか優しそうな名前してるし、物忘れとか認知ミスとか普段多いのでぼちぼち期待している。

 なんだか普通のメンヘラっぽくなってきた。普通のメンヘラってなんだろう。漠然とした不安を常に感じている。これが普通の人間なのか。それにしては生きづらいぜ。でもここ一週間は調子がいい気がする。気分は落ちないし作業は捗る。あぁ、体の調子とか精神年齢の低さとかどう調整していったらいいんだろう。

 やることがあんまりなくて困っている三連休だったけど、なんだかんだ体を休めることができたから良かったと思う。引っ越し作業は毎日少しずつ進めて最後一気に終わらす感じで進めていく。学生の時に寮に入ったり出たりしていたのが懐かしく感じる。引っ越し先で周りに知人がいない中で、休日をどんな風に過ごしていくのか全く想像できない。近所をうろうろすること以外に暇つぶしが見つかればいいな、欲を言えば楽しみが見つかってくれたら最高だ。なんにせよ環境が変わる機会に直面したのはいいことだと思う。もっとフットワークを軽くして様々なものに触れていければ自分にいい影響があるような気がする。

 親戚が結婚をすることになったり、姉が結婚を意識していたり、なんだか厄介そうな風が吹いているこの頃だ。結婚ラッシュとか僕の周りでもあるんだろうか。いやだなぁ。義務教育が終わって自由になったはずなのに、世間一般的に『しなければならないことっぽいこと』が円満しているというのはいやになっちゃう。とか言っているけど本当は恋愛能力が欠如していることに苦しんでいるだけかもしれないなぁ。とりあえず変な王子様(お姫様?)願望があって、この人だ!って人に会ってみたい。とか言ってたら独り身で終わってしまうんだろうけど、それもまた良しとしてゆったり構えていこうと思う。

  そういえば青春18きっぷは無事、手に入れることができた。

 

今日はこの辺で。

何もない日記

今日もやることがない。というか何も予定を入れたくない。他人を誘って何かをしても良かったかもしれないが、それもよくわからなくなってしまった。というのは、自分は人と繋がりたいのか、他人に自分は需要があるのか、とか考えてしまって動けないやーつなのであった。少し前に転勤が決まって以降、いつも以上に自分の未来が見えなくなった。自分が東京からいなくなることに対して不安感が胸一杯に溢れている。実際は、東京に居たところで人生が輝くわけではないんだけど、知り合いとの距離が近い方が会いやすいし安心する。実家が近いと安心する人の心理に近いものかもしれない。僕は実家に有り難みを感じない方だから(本来なら感じたいけど)、逃げ道としての実家が近い人は羨ましい。ましてや実家に住んでいて落ち着く人とかずるいなぁって思っちゃう。うちの実家は単なる食事の出る寝床にはならない。家事と炊事に大きく貢献しなければならず、一日でも労働しないものはバッシングをうける場所だから居心地が悪くて仕方がない。だからこそ一人暮らししたいし、一人暮らしするには働くしかない、だから仕事を続けることには、覚悟を持ち続けなければならない。そのはずなのに俺と来たら甘えている。仕事中に要所要所で逃げている。でもこの「甘えている」とか「しなければ~」とかこういう脅迫概念が本当は良くないというのもわかっている。本当はもっと甘えていいのかもしれないし頑張らなくていいのかもしれない。でも上手く甘える方法も頑張らない方法も知らない。甘えず頑張って上手くいく方法も然り。生きづらさがこの辺にある、そんな気がする。

 

タスクを整理しよう。

当面の課題は引っ越し。引っ越し先との往復がなぜか何度もあって面倒and億劫。読みは、めんどぅうぇんどぁっく。青春18切符が2回分欲しいが、今日は手に入らなかった。意外と無いんだな、金券ショップ。引っ越し期間中の寝床である寝袋は、アマゾンでぽちって待機している。

 

 

あぁ、会社ではどんな態度で人と接すればいいのか全くわからん。笑顔とかか、はぁ、それは無理。でもよそよそしかったとしても、せめて業務連絡だけはしっかりしよう。

 

対人恐怖っぽい所や人見知りだけならまだしも、認知も頭脳もダメって。先にどれをどうしたらええんや。

心がうだうだしてるので、普段のステータスを徒然る。

いらいらする。

 

理由はわからない。

 

仕事のこととか考えて、うあぁってなる。

全く働くことができていない、完璧な社会不適合者だ、とかなんとか。

 

けどそんなこと考えても意味はない。

 

わかっちゃいるけど考えてしまう。

 

頭が悪い。

 

ネガティブな気持ちなく、そう思う。

特に仕事において物事が理解できない。

頭に問題があるんだろうか。

いつもぐるぐるしている。

何もしてないのにcpu使用率がすごい。

発達障害やら何やらを抱えてるのかもしれない。

育った家庭環境も良くなかったから、アダルトチルドレン的な所がある。

自分の感覚や感情が鈍感。

呼吸が苦しかったり、頭痛かったり、しっかり寝ていても日中疲れや眠気が酷かったりする。

他人との距離感がわからない。

信頼関係というものを知らない。

話す相手はいるけど、それが友達なのかはわからない。

落ち着きがなく、動いちゃう。

警戒心が強い、人見知りが一年以上は続く。

気分の上下が激しい、でも表には出さない。

いつも怒ってるような雰囲気があって、それを拭えない。

運動神経が悪い。

なんか苦しい。

代謝が悪いのか汗があんまり出ない。

噛み合わせが悪い、これは矯正中。

心に余裕がない、自尊心が0、だけど80はあるかような振る舞いをしようと無理する。

視力が低いがコンタクトが怖くてできなくて、眼鏡をかけている。

おしゃれできる気がする、けれどする理由がわからなくてしたくない、けどした方が良いらしくてたまにする。

漠然と死にたい、けど理由はないし、怖いから死にたくない。

超貧乏性。

欲しいものがない、強いて言えば日本人的な普通の人生がほしい。

背は高い、スタイルは良い方、顔は普通。

いつも親を恨んでいる、呪っていた時期もある、この点はいつまでも変わらなそう。

何を食べたら良いのかわからない、空腹がわからないことが多い。

人にどう見られるかを小さな頃から意識しすぎて自意識過剰、自分の芯がなくなった。

休日やることがない、一人行動でうろつく、あまりに暇だと人を誘ったりする。

自分にはギャグセンがあるんじゃないかと勘違いしている。

奇妙なほど元気な時がある、端から見たら気色悪いだろう。

基本的に他人が怖い、挨拶ができない、話しかけたら殺されるような気がする。

集団行動ができない、提案や相談する習慣が昔からなかった。

独り言が多い、隣の部屋の人に壁ドンされる。

良い会社に勤めている、ネームバリュー、だけどそこに利益をもたらしたことがない。

自分で考える力がない、意思がない。

歩いてる時に目的地についてからの事を考えられない。

 あぁ、あぁ。

 

 

もういいや、今日はこの辺で。

思い付いたことは大体書いた。

 

人生楽ありゃ苦もあるさと言うが、苦の比率がすごい。冗談じゃないぞ。

 

生きることは苦であると聞くけど、本当にそうっぽい、そんなのいやだ。

別に何も努力せず文句だけを言ってる訳じゃない。

やれそうなことは手を出しているつもり。

ただあまりに苦しいからちょっとくらい吐き出してみたかった。

 

こんなに苦しいのになぜ生きるんだ。

 

 さて寿司でも食べよう、いえーい。

そういえばブログを作っていた、僕に限ってまさかね。

タイトルの通りだ。
僕にはブログがある。ブログには僕がある。
僕達友達。

いや、よくわからないけど。

思いつきも三日坊主で終わっているようだ。
マスターヨーダ
これほど綺麗な三日坊主がかつてあっただろうか、いやない。
しかし、実際は3日ではなく4日だけの坊主であることを考えると、綺麗ではなくやや汚い三日坊主ということになるらしい。

三日坊主のプロがいたら確実に72時間ぴったりで物事に飽きたりするのだろうか。髪型はもちろんのこと、あれである。

僕は今思ったことをひたすらに書いている。
正確にはスマホぽちぽちだけど!
僕の思考回路をブログに直結させている状態なのでこれを読むと僕の脳の感じが直接伝わってくるはずである。

My脳を自己分析してみると、注釈が後から後から出まくる垂れ流し脳なのだということが手に取るようにわかる。(実際何かを手に取ってわかることなんて少ないんだけどね。)
そんなことはさておく。


ブログの更新を趣味にしてみようか。
趣味というのは「これが趣味!」って決めることなのか。違う気がする。正しくはいつの間にか何かにハマっていて、「そういえばこれが好き」みたいなものが趣味なんじゃないか。僕にないやつだ。感覚より理性が発達してしまったからには受け入れるしかないけど、最初に感覚で物事を気に入ったりすることが無い。感受性が倒置法なのかもしれない。これを気に入ったら人にどう思われるだろう、今後自分はどうなるだろうこれによって、とかなんとか考えまくってからようやく物事を気に入る訳である。気持ち悪いけどこれも受け入れるしかないのだ。

物凄く散文を書いてしまっている。
常に錯乱しているからこんなものか。



よし、次回予告風に話をまとめよう。
死なないでもう1人の僕(ブログのこと)。
この下等なブログは消してしまうか?
どうなるのか?
次回、「消滅か点滅か」
ではまた!

ネタバレ→たまに更新する。